読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクで転倒した話

 今年の6/20にバイクで転倒した。備忘のために、その前後で何があったか書いておきたい。

事故から翌日にかけて

 6/20(土)、おれは昼過ぎに自宅をバイク(スーパーカブ50)で出発し、草加の島忠ホームズに向かった。草加のシマホは日暮里舎人ライナーの終点近くにあり、行きも帰りも尾久橋通りをまっすぐに進むだけである。用事を済ませて帰路についたその途上、尾久橋で転倒した。
f:id:azmin:20150808171951j:plain
 現場の尾久橋だ。ここは舎人方面から片側3車線で荒川と隅田川を渡ってきた尾久橋が、上の画像で一番手前の車線が宮の前交差点に、内側の2車線が交差点をオーバーパスして日暮里方面に分かれる場所で、その分岐部分にタイヤを取られて転倒した。画像中央に1本だけ曲がったラバーポールが見えるが、おそらく縁石に乗り上げてこれに当たったのではないかと思う。通り過ぎる車は結構スピードを出している場所なので、後続車がいたら死んでいたかもしれない。
 転倒の原因について歯切れが悪いのは、転倒したときに頭を打ったようで、前後1日くらいの記憶が全く思い出せないせいだ。事故の後ではっきりと思いだせる最初の場面は、翌日6/21(日)、リビングのテーブルの前に座っていて、テレビではサンデージャポンがついている光景だ。事故直後の出来事も一応うっすらと覚えている。自転車に乗ったおっさんが、歩道から「救急車呼んであるから」とか「俺もバイク乗るから他人事とは思えないんだよ」とか声をかけてくれるのを、「うわーやっちまったな……」とか思いながら聞いていたような記憶があるものの、その後救急車に乗って病院に行って診察を受けたり、奥さんに付き添われて帰宅したりといった状況は全然覚えていない。ついでに言えば事故を起こしたということも、病院の領収証やLINEのログや警察の調書などを見て、自分の中では後から組み立てた経験になっている。
 奥さんから聞いたところによると、事故から翌朝にかけてのおれは、一見普通に会話できるようで3分前に話したことを全く覚えていない、という状態であったらしい。病院で会計を待つ間、「もう会計終わったんだっけ?」と何度も訊いたり、家に帰って病院の領収証を見ながら「これ俺が支払ったんだよね?」と何度も訊いたり、自分の部屋の作りかけの本棚を見ても何故こんなものが自室にあるのか思い出せなかったり(本棚を何とかするためにホームセンターに行ったはずなのにそれすら覚えていない!)、とにかく話にならないので夕飯も食べずに寝かせたそうだ。「横浜10連敗だって」と何度言っても、おれは初めて聞いたように「えっマジで」と応じていたらしい。*1
 翌朝、何度も繰り返したであろう領収証や車両の行方についての質問と、「横浜10連敗だってさ」「えっマジで」というやりとりをし、その5分後ぐらいに再び「横浜10連敗だってさ」と言われて「それはさっき聞いた気がする」と答えたとき、夫婦の間にコミュニケーションが取り戻された。

被害状況

おれ

右ひざ、腰、背中、右肩に擦り傷。腕を動かすと筋肉痛のような痛みがあって腕を上げられない、という状況が続いたが、マエケン体操を続けていたらマシになってきた。

スーパーカブ

ヘッドライトと右ウインカー、ハンドルカバーが破損した。右側に倒れて何故ヘッドライトが壊れるのかは謎だった。
リアキャリアをプレスカブのものに交換していて、キャリアがマフラーより外に張り出していたので、結果的にマフラーが保護されたのは幸いだった。

事故当時、ユニクロのパーカーにGAPのチノパンツを着ていたが、無傷だった。

電動丸ノコ(レンタル工具)

事故を起こしたのは、シマホで丸ノコを借りた帰りだった。シマホのレシートに「レンタル工具」と書いてあるのに工具が見当たらなくて不安に思っていたが、バイクと一緒に警察署で保管されていた。工具が入っていたプラ製のコンテナはバキバキに割れてしまっていたが、電源を入れたら問題なさそうだったので、その日のうちに加工を終えて返却した。makitaの工具は他社に比べて価格帯が上の印象があるけど流石である。

マキタ 電気マルノコ M585

マキタ 電気マルノコ M585

事故原因

 つい最近、事故現場とは全然別の道を走っているとき、合流しようとして本線を走る車を気にしていたら車線が無くなるギリギリになってしまったことがあり、あの事故もこれと同じだったのでは、と思った。つまり、後ろを気にしすぎてハンドル操作が遅れたのではないか、と。なので最近は後続車の動向を見すぎないように意識している。

*1:6/20(土)時点で引き分けを挟むと12連敗中だった