読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台東四丁目「山海楼」の生馬麺と半チャーハン

食べもの

昼時、春日通りから竹町幼稚園の前を通る道に入ってすぐの角に、ランチメニューの看板だけが唐突に現れる。この日は風が強くて、看板を畳んで建物に立てかけてあるだけにしている。それが路地の陰から頭だけ出しているようで心を惹かれる。

f:id:azmin:20170223124702j:plain

f:id:azmin:20170223124729j:plain

「ボ」がくっついてしまって「ぎ」と読めなくもないのが目を引くが、リストを眺めて「なまうま麺……? 何マー麺……?」と立ち止まってしまったのでDセットの生馬麺と半チャーハンに決めた(後述するがこれをサンマーメンと読むことは後で調べてわかった)。

f:id:azmin:20170223124747j:plain

店はランチメニューの看板の角を曲がって2棟先にある。とても文字情報の多い外観だ。「横浜名店」「美味しく・楽しく・健康である」「翁さんのお店」……一つ一つ目で追っていくと、説明過剰でそれだけで満足した気になってしまいそうだ(実際初めて入るまでに何度かスルーしている)。

こういう怪しい日本語めいた雰囲気が好きな向きもあるだろう。その時の昼飯の気分に合うかどうかは別にして、自分も好きな方だ。外壁に二列に取り付けられた室外機もそんなムードを高めてくれる。ドレン排水管が一本に束ねられていくさまが美しい。屋上から植木の蔓が垂れてきているのもポイントが高い。

f:id:azmin:20170223125111j:plain

外観から受ける印象と比べると意外なほど、店内は真面目な?中華料理屋風だ。4つくらい円卓があるし、椅子のカバーも金の刺繍入り。壁の張り紙を見るとWi-Fiが使えるらしい。Wordで作ったのか、A4一枚に「当店使えるWi-Fi」という見出しの下にSSIDとパスワードが書いてある。

前回この店に入ったのは一月の終わりだった。ちょうど春節に入る頃で、ホールのお姉さんが「みんな中国帰っちゃって私一人で大変だよ」と言って慌ただしそうにしていた。その時もDセットにしようと思い、「『ディー』セットで」と伝えたら、「Bですか?」と聞き返されたのだった。周りの席を見ると中高年が多い。だからここは「ディー」ではなく「デー」と発声するのが正解だったのかもしれないな、と考えて、今日はそのお姉さんに「『デー』セットで」と言ってみた。

すると、「Aですか?」と聞き返された。慌てて「あ、すみません、『ディー』です」と言い直すと、お姉さんは照れたように笑って「すみません、Dですね」と伝票を書き直した。

変な日本語でWi-Fiパスワードが貼ってあったり、オーダーが一発で通らなかったり、なんだかブレードランナーっぽいな、と思った。

壁に掛かったTVに映る「ひるおび!」で金正男暗殺事件のニュースを眺めていたら生馬麺はすぐに出てきた。

f:id:azmin:20170223125703j:plain

醤油スープのラーメンにもやし炒めのあんが乗っている。半チャーハン、サラダ、杏仁豆腐付き。もやしそばからそんなに日が空いてないのにまたあんかけ麺にしてしまった。この手の麺の出来たては熱いことをもやしそばで学んだので慎重に行こう。もやし炒めだけを取って食べる。やっぱり熱い。ここまではいい。もやしに芯が残っているので、もやしが口の端に当たって熱い。これは想定外だった。でもシャキシャキしててうまい。

もやしの他には、ニラ、人参、細切りの豚肉。豚肉は細切りだけど厚みがあっていい。家でやるなら生姜焼き用の豚肉を使えばいいのかなあ。チャーハンは卵が細かくなっているのがプロの技を感じさせる。ミックスベジタブルがお茶目。

食後のコーヒーまでが定食のセットだ。ホットかアイスかを選べる(ホットコーヒーは切れているときもある)。一息ついて周りを見ると、同じ職場ですという風なスーツの男性のグループが多い。大体がタバコを片手に何か喋っている。昼メシ食った後にコーヒー飲んで一服するのは職場の休憩室でもできるだろうけど、何かが決定的に違うんだよな。わかるよ。

店を出てから「生馬麺」とは何なのか調べてみたところ、「サンマーメン」だということがわかった。サンマーメンなら聞いたことがある。でも横浜ローカルのアレだということは知っていても食べたことがなかった。そうか、あれがサンマーメンだったのか。だとすると、看板に書いてあった「横浜名店」というのも全然信じてなかったけど本当なのかもしれない。

本当に横浜に本店があります

東上野二丁目「中国料理 天水」のもやしそば

食べもの

 上野駅から永寿総合病院に行く道の、病院の少し先にその店はある。パッと見では薄暗くて営業しているかどうか分からないが、昼時に行くとちゃんと開いている。のぼりと店構えのテンションがまるでかみ合っていないのがとてもチャーミングだ。

f:id:azmin:20170217123101j:plain

 おすすめはハンチャンラーメンともやしそば。今日はもやしそばを食べることにする。

f:id:azmin:20170217125045j:plain

 この暖簾である。父親がこんな柄のトランクスをはいていたような気がする。

f:id:azmin:20170217125054j:plain

 中に入ると、一列のカウンターにスツールが8脚くらい並んでいる。カウンター背後の板張りの壁に窓はあるが、隣の建物が近すぎて外の光はほとんど入らない。先客は4人。みんなスーツ姿か会社の名前入りの作業着かで、この辺りで仕事しているのだろう。

 厨房にはおじいちゃんと呼ぶのがよさそうな店主が一人。椅子を引きながら「もやしそばお願いします」と言うと、「はいもやしそば一丁」と声をかけた。厨房に他に誰がいるわけでもないが、これがルーチンなのだろう。

 厨房の奥の角に置かれた液晶テレビに映るNHK総合を見ながら待つこと数分、もやしそばが出てきた。 f:id:azmin:20170217123534j:plain

 醤油スープの上に炒め野菜のあんが乗っている。うまそう! いただきます! と勢いづいて麺をすすると、あんがとても熱い。慎重にいかないと火傷する。ここでお水がセルフであることに気づく。

 もやしそばに肉は入っていない。もやし、キャベツ、人参、きくらげ、あとは細めの麺ばかりである。鶏ガラのクラシックな醤油スープと合わさって優しい味になる。しかも野菜炒めにとろみがついているせいか冷めにくいので、食べているうちにだんだん汗ばんでくる。

 食べ終わる頃にはすっかり体が温まり、「上着は着なくていいか」とコートを抱えて席を立った。ごちそうさま、と店主にお代を渡すと、「すいませんね、どうもね!」と店主は応じた。すいません、なんて言われるようなことは無かったと思うんだけど、言わずにはいられないんだろうなあ。

本棚を作った話

床から天井までフルに使える本棚が欲しいと思い既製品をいろいろ探してみたが、いい感じのものが見つからなかったので自分で作ることにした。清く正しい本棚の作り方を一通り読んでみたら、自分にも出来そうな気がしたのだ。製作に着手したのが2015年6月、組み立てたものの塗装が面倒で放置期間を挟み、2016年6月にすべての工程を終えた。

もしこれから本棚を作ろうという人があれば、まずは清く正しい本棚の作り方を熟読してほしい。そのうえでこの記事の内容が参考になれば幸いである。

構想

基本的な考え方は、清く正しい本棚の作り方の第2章「設計編」に詳しいのでそちらを参照されたい。 今回は所持している本の傾向や設置スペースから、収容する本の基本サイズをA5判に決定した。床から天井までの高さと勘案して、本棚全体の高さをA5判9段分とし、上4段、下5段に分割することにした。間口は600mm、使用する板厚は18mmとし、全体でH約2200xW600xD約180mmの本棚を2本作ることに決めた。 棚板の支持は後から各段の高さを変更できるように、ダボを使うことにした。

資材調達

清く正しい本棚の作り方の第3章「材料編」には、材料はホームセンターではなく材木屋で買うべしと書かれているが、作業にあてられるのが土日ということもあり、ホームセンターで調達することにした。本体構造用に1800x900のラワンランバーコア合板を3枚、背板用に同寸のシナベニヤを4枚購入し、木取り図を渡してカットしてもらった。カットの精度はといえば、必要十分な範囲だったと言っていいだろう。組み立て時にあまり困った記憶がない。

組み立て

f:id:azmin:20150615223111j:plain

ダボ穴と木ネジの下穴の位置を罫書きして、ドリルドライバーでダボ穴を開けたり木ネジを締めたりして組み立てた。材料を買いに行ったのが土曜日で、翌日曜日の夜にはここまでの形になった。

続きを読む

奈良の鹿寄せに行ってきました

旅行

ナチュラルホルンを吹くとその音色に誘われて愛らしい鹿が集まってきます。

鹿のイベント情報 | 一般財団法人奈良の鹿愛護会

奈良の鹿寄せ。ホルンを吹くと鹿が地平線の向うにぽつぽつと現れ、数を増やしながらだんだんとその姿が大きくなってくると聞いてから、ずっと見てみたいと思っていた。2年前の2月にも鹿寄せを目当てに奈良を訪れたが、生憎と鹿寄せが休みの日でたいへん悔しい思いをした。先月の終わりに関西旅行を企て、ようやく鹿寄せを見に行くことができた。

奈良公園

奈良の鹿愛護会の方の説明によれば、鹿寄せはホルンの音色を聞いて集まってきた鹿に、どんぐりを振る舞うイベントであるそうだ。鹿もただでは動かないし、人間もドライに食べ物で釣りにいく距離感がいい。今年の鹿寄せは2/11に始まっていて、2月の終わりにもなると鹿のほうもどんぐりがもらえると分かり、あらかじめ集まっているという。

奈良公園

愛護会の方がホルンを吹いているそばでたむろしているのは、フライングしている鹿たちだ。ほかの鹿は奥の森の中から出てくるということで目を凝らしていると、1分も経たないうちに鹿が現れた。

奈良公園

けっこう勢いよく走って飛び出してくる。「だんだんとその姿が大きくなってくる」というイメージは間違いだった。

奈良公園

みんな走ってくる。

奈良公園

どんどん出てくる。

奈良公園

鹿が集まったら、どんぐりタイムが始まる。ホルンを籠に持ち替えて、畑に肥料でも撒くようにどんぐりを振る舞う。鹿の頭にどんぐりが当たろうがもはや気にしていないようだ。鹿たちも思い思いに近くの地面に落ちたどんぐりを食べている。

奈良公園

鹿は賢いので、中には直接籠を狙うヤツも現れる。

奈良公園

ここまで正味10分ぐらいのイベントだが、当初のイメージも裏切られて、はるばる東京から見に行った甲斐があったと思っている。今年の冬の鹿寄せは残念ながらもう終わってしまったが、夏の鹿寄せもあるそうなので、気になる向きはぜひともチェックされたい。夏は子鹿も集まってくるそうですよ。

一般財団法人奈良の鹿愛護会

Let's note CF-NX2にFedora 22を入れて最初にやったこと

Linux

レッツノートいいよね、リース落ちが多いから中古も手に入れやすいし。というわけで、ジャンクのNX2を手に入れた。 Fedora 22 Workstationをインストールしたものの、そのままではエッジスクロールが使えないのと、ディスプレイの明るさが変えられなかったので、それらを有効化した手順について書く。

エッジスクロールの有効化

丸いトラックパッドはレッツノートのシンボルであり、当然その縁に指を滑らせればスクロールできて然るべきである。 /etc/X11/xorg.conf/50-synaptics.confに、以下のオプションを加えれば、エッジスクロールが有効になる。

Option "CircularScrolling" "on"
Option "CircScrollTrigger" "0"

CircScrollTriggerは、エッジスクロールの開始位置を指定するオプション。スクロール開始位置を8方向で指定できる。0だとエッジのすべての位置でスクロールが開始できる。 このあたりはArchLinuxのWikiに詳しい。

Touchpad Synaptics - ArchWiki

50-synaptics.confの全体はこんな感じにした。

Section "InputClass"
    Identifier "touchpad"
    Driver "synaptics"
    MatchIsTouchpad "on"
    Option "HorizEdgeScroll" "on"
    Option "HorizTwoFingerScroll" "on"
    Option "TapButton1" "1"
    Option "TapButton2" "2"
    Option "CircularScrolling" "on"
    Option "CircScrollTrigger" "0"
EndSection

エッジスクロールの他に、二本指での横スクロール、二本指タップで右クリックも有効にした。Windowsのドライバだと、トラックパッドの下辺から開始するスクロールを横スクロールに割り当てられて便利なのだが、これがLinuxのデスクトップ環境でも可能ならもっと良いと思う。

ディスプレイの明るさを変えられるようにする

インストール直後だと、ディスプレイの明るさがGNOMEの設定パネルからもキーボードからも変えられずに難儀した。

いろいろと調べた結果、[ubuntu] Panasonic toughbook CF-F9, LCD brightness problemの方法でうまく行った。 曰く、GRUBカーネルコマンドラインオプションにacpi_osi=を加えればよい、とのこと。Fedora 22はGRUB2なので、次のように実現する。

1: /etc/default/grubを編集する

/etc/default/grubの、GRUB_CMDLINE_LINUXに、acpi_osi=を追加する。 デフォルトの状態のファイルに追加したら下記のようになった。

GRUB_CMDLINE_LINUX="acpi_osi= rd.lvm.lv=fedora/swap rd.lvm.lv=fedora/root rhgb quiet"

2: 設定ファイルに変更を反映する。

/etc/default/grubを編集したら、下記のコマンドをrootで実行する。

$ grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

そうすると/ boot/grub2/grub.cfg に変更が反映され、次の起動時からディスプレイの明るさが変えられるようになった。 GRUB2の設定の仕組みはこのあたりを参考にした。

GRUB 2 - FedoraProject

GRUB を設定する 〜 GRUB 2 編 - いますぐ実践! Linuxシステム管理 / Vol.202

バイクで転倒した話

雑記

 今年の6/20にバイクで転倒した。備忘のために、その前後で何があったか書いておきたい。

事故から翌日にかけて

 6/20(土)、おれは昼過ぎに自宅をバイク(スーパーカブ50)で出発し、草加の島忠ホームズに向かった。草加のシマホは日暮里舎人ライナーの終点近くにあり、行きも帰りも尾久橋通りをまっすぐに進むだけである。用事を済ませて帰路についたその途上、尾久橋で転倒した。
f:id:azmin:20150808171951j:plain
 現場の尾久橋だ。ここは舎人方面から片側3車線で荒川と隅田川を渡ってきた尾久橋が、上の画像で一番手前の車線が宮の前交差点に、内側の2車線が交差点をオーバーパスして日暮里方面に分かれる場所で、その分岐部分にタイヤを取られて転倒した。画像中央に1本だけ曲がったラバーポールが見えるが、おそらく縁石に乗り上げてこれに当たったのではないかと思う。通り過ぎる車は結構スピードを出している場所なので、後続車がいたら死んでいたかもしれない。

続きを読む